ペイントホームズ
松本店

上品な印象と調和、外壁の美観を長期保持する艶消し塗料の魅力

外壁塗装の際、艶ありと艶なしの選択に迷うことがあります。ツヤの有無は好みに左右されますが、見た目だけでなく機能面にも違いがあります。

今回は、その中でも艶無し塗料の利点に焦点を当ててみましょう。

艶無し、またはつや消しと呼ばれる塗料は、光沢のない仕上げを持つ表面を指します。艶の測り方は、塗膜に60度の角度から100の光が当たった際に、反射した光が反対側にどれくらい届くかを見る方法です。正反射した光の割合が少ないほど、艶が少ないとされ、艶消し塗料は5以下の値となります。

【艶消し塗料のメリット】

艶がなく落ち着いた印象に仕上がる:

艶消し塗料は、表面が光沢を持たないため、建物が落ち着いた雰囲気で仕上がります。この特性は、洗練された外観を好む人にお勧めです。また、時間が経っても変化が少ないため、長期間美しさを保ちます。

高級感が出る:

ツヤのない仕上がりは、上品で高級感のある印象を与えます。建物が優雅な雰囲気を醸し出し、周囲の環境と調和します。これにより、住宅や建物がより品位を感じさせることができます。

周囲の風景と調和する:

艶消し塗料は光沢が低いため、周囲の自然な光や風景と調和します。過度な輝きがないため、建物が環境に溶け込み、自然な一体感を生み出します。これは特に自然環境に囲まれた場所での住宅に適しています。

外壁が輝いて見えない(光沢度が低い):

艶消し塗料は光沢度が低いため、外壁が輝いて見えません。これは照明や太陽光が強い場所でも、建物が過度な光り輝きを放たず、まばらに周囲の光を反射するため、視認性が良く、目にやさしい印象を与えます。

艶消し塗料は、これらのメリットを活かして建物の外観を引き立て、環境との調和を図る上で優れた選択肢となります。