ペイントホームズ
松本店

外壁塗装の塗料選び、艶有と艶無しに関係する印象と耐久性

外壁塗装において、艶有と艶無しの塗料を選ぶことは、建物の印象や耐久性に大きな影響を与えます。新築時のピカピカ感を求める方もいれば、しっとりとした落ち着いた雰囲気を好む方もいるでしょう。この記事では、艶有塗料と艶無し塗料の違いについて考え、どちらを選ぶべきかについて解説します。

1. 艶と耐久性の関係

外壁塗装や屋根塗装に使用される塗料では、基本的に艶有塗料の方が耐久性が高いと言われています。これは、艶有塗料に艶消し材を混ぜることによって、光沢を抑えた艶無し塗料が作られるためです。耐用年数や劣化に対する強さを考える際には、艶有塗料が優れていると言えます。

2. 塗料の価格

価格に関しては、様々な条件が影響しますが、一般的には艶有塗料よりも艶無し塗料の方がわずかに高い傾向があります。これは、艶有塗料に艶消し剤を混ぜて使うため、製造工程が複雑になり、それが価格に反映されるからです。

3. 耐用年数

耐用年数においては、艶有塗料の方が一般的に長いです。外部の気候や環境にさらされる中で、耐久性が求められる場合は、耐用年数の面からも艶有塗料が適していると言えます。

4. 汚れやすさ

塗膜の性質から考えると、艶有塗料は表面が滑らかであり、汚れが付着しにくい特徴があります。したがって、汚れにくさを重視する場合は、艶有塗料がおすすめです。

5. 見た目・印象

外壁の見た目や建物の印象には、艶の有無が大きく影響します。艶無しのマットな感じは高級感を演出し、シンプルで落ち着いた雰囲気を作り出すことができます。

6. 経年変化

艶有塗料は時間の経過とともに艶が変化することがありますが、耐久性が低下することはありません。一方で、艶無し塗料は見た目の変化が少なく、塗装直後の印象を長期間維持できます。

最終的な選択はお施主様やご家族の好みによるものですが、耐久性や見た目の印象など、様々な観点から検討することが重要です。艶有と艶無しの特徴を理解し、建物に合った塗料を選ぶことで、満足度の高い外壁塗装が実現できるでしょう。