ペイントホームズ
松本店

屋根・外壁の同時施工  知っておいた方が良いデメリット

前回、外壁屋根を一緒に施工するメリットについてご紹介しました。今回は同時施工を行う際に知っておいた方が良いデメリットをご紹介していきます。

  • 1度の工事にかかる費用が高い→屋根塗装、外壁塗装で塗る面積が大きくなり、使う材料も多くなってきます。住宅全体を工事するため通常の別々の工事よりも全体的にコストが上昇します。
  • 施工期間の延長→外壁と屋根を同時に施工する場合、作業期間が通常よりも長くなる可能性があります。一工程ずつ時間がかかりやすくなり仕上がりまでに期間が延びることがあります。また天候などの影響で工事が一時中断、延期になることもあります。
  • 工事中の影響→外壁、屋根を同時に施工することで一時的な工事音で騒音が起きることがあります。また、工事中は生活に制限がかかりやすく場合によっては不便さを感じる期間になる可能性もあります。

今回は外壁屋根の同時施工についてご紹介しました。今回の内容を知って頂けることで同時施工の不便さが少しでも和らぐかと思います。