ペイントホームズ
松本店

外壁塗装の寿命は何年?10年と言われる理由について

外壁塗装の寿命は全て一緒の年数なのでしょうか?塗装をするなら10年と言われる理由について今回お話していきます。

<外壁塗装の寿命>

外壁塗装の寿命はそれぞれ塗料のグレードや建物の材質、周りの環境によって年数が変わってきます。外壁塗装が10年と言われるのも一般的に塗料の耐久性が約10年から15年程度とされているからなのです。

10年と言われる理由に周りの環境も関係してきます。以下のようにまとめてみました。

*天候による劣化→天気が良くても悪くても常に塗膜は劣化の原因と戦っています。太陽の紫外線や熱、雨風、雪などの影響で劣化し塗膜の剥がれや色あせが出てきます。

*寒暖差による塗膜への負担→塗膜は気温の変化で負担がかかりやすく膨張、伸縮を繰り返すことでひび割れや浮きが出てきます。

*湿度・湿気→外壁の周りに湿気や湿度が高いとカビやコケの繁殖を促進させてしまいます。また外壁が水分を吸収してしまうことで塗膜の膨れや剥がれを引き起こしてしまうことがあります。

*大気汚染や酸性雨の影響→空気中の汚れが酷かった場合、外壁に汚れが付着しやすくなります。大気汚染を含んだ酸性雨なども様々な物質が含まれているため劣化が早まります。

今回は外壁塗装が10年と言われる理由についてお話ししました。今回お話しした内容によって劣化の仕方が変わるので10年の塗り替えで劣化を早期発見を期待できることがあります。