住宅の塗装を検討していると、業者から無機塗料を奨められたという人達がふえてきているのではないでしょうか。

20年以上の耐久性を持つ塗料で値段が高くても無機塗料を使えばメンテナンス費用が大幅に削減できる、期待できるという提案が多いからです。

無機塗料とは、炭素を含まない無機物を混ぜて出来た塗料で紫外線にさらされても劣化しない鉱石やレンガのような半永久的な耐候性を持つのが特徴です。

無機塗料のメリット・デメリット

<メリット>

・対候性が強い⇒無機塗料の主成分は無機物なので雨や紫外線の影響を受けにくく、外壁表面を長期間にわたって保護する効果があります。

・カビや苔、汚れを弾く⇒カビや苔の栄養分である有機物が少ない為、繁殖を抑えたり親水性が非常に高く汚れを雨水で洗い流す特徴があります。

・燃えにくい⇒有機塗料と比べて燃えにくい為火災などの火の燃え移りの心配もありません。

<デメリット>

ヒビが入りやすい⇒無機物はガラスや鉱物のように硬いので外壁にヒビが入ると一緒に割れてしまう可能性が高いのです。

・値段が高い⇒塗料に配合される無機物は高価で一般的な有機塗料と比較すると数十万円の差になります。

・職人の知識と技術で異なる⇒塗膜が硬くなる性質があるため、扱いが難しい塗料です。高価で高性能の塗料になるほどベテランの職人に工事を依頼することをお勧めします。

無機塗料とはどういうものなのか、住まいにどんなメリットがあるのかお話しさせていた

だきました。ご自分の住まいを守る為もっと色んな機能の塗料を知って頂けたらとおもい

ます。