今、お住いの住宅に劣化症状は出ていませんか?外壁の見た目に大きく表れる症状は外観が損なわれ住宅を脆くしてしまう恐れがあります。今回いくつか劣化症状についてお伝えしていきます。

色褪せ

紫外線などで外壁の色が飛び、くすんでしまう現象です。鮮やかな見た目とは裏腹に衰えた印象になるため美観が維持できなくなってしまいます。

確認方法⇒色褪せた外壁は触ってみると表面がザラついていたりします。新しい塗膜とは違い滑らかさを失っています。

チョーキング

外壁表面が防水効果を失った状態です。雨水を吸収しやすいため外壁材を傷める可能性が高くなってしまします。

確認方法⇒外壁に触れると白い、または外壁と同じ色の粉が付着します。塗料に含まれる顔料(色の粉)が浮き出て肌や衣類に付着してしまいます。

カビ・コケの繁殖

防水効果を失った外壁は水を吸収しやすいためカビやコケなどの生物が繁殖しやすい環境になります。繁殖が進むと外壁材を腐食させ、身体にも影響を及ぼす危険があります。

確認方法⇒外壁を見てみて一部分だけ緑や黒色になっているところがあればそれはカビやコケになります。

外壁のヒビ・塗膜の剥がれ

劣化が進行してくるとひび割れや塗膜の剥がれが起きます。外壁を守る塗膜に隙間が生じ雨水の侵入や直接太陽光を浴び更に劣化していく可能性が大きくなります。

確認方法⇒外壁表面にクラック、剥がれたような跡が見受けられます。

今回は外壁の主な劣化をご紹介しました。実際に劣化症状が出ていることもあるので1度確認してみてはいかがでしょう。