外壁や屋根は紫外線や雨などの気候、経年劣化によりだんだん塗膜が脆くなってきてしまいます。塗装のメンテナンスにより住宅の持ちを延ばすことができますが中には塗装工事が不要な場合もあります。今回は塗装要らずの外壁材と工事をすぐにしなくても良い場合の住宅をご紹介していきます。

塗装要らずの外壁材とは?

塗装工事が不必要な外壁材としてタイル、レンガ、石材などが挙げられます。どれも耐久性があり、たまに清掃するだけで十分美観を保つことができます。天候のダメージを大きく受けることなく耐水性があり頑丈な外壁材として見なされています。

その他の外壁塗装がすぐに必要でない場合

定期的にメンテナンスが行われている:外壁の清掃や点検を適度に行われている場合、外壁材の寿命が延び塗装工事の頻度を減少することができます。例えば外壁やコーキングにヒビや剥がれがあれば早めに補修工事を行ったり適度に防水工事を行うことで十分劣化を抑えることができます。

新築の場合:新築の外壁材は新しいためしばらく塗装は不必要になります。ですが将来的には塗装が必要になってくるため適度なメンテナンスが必要になってきます。

今回、塗装工事が必要ない住宅についてご紹介しました。元から耐久性のあるものもあれば定期的なメンテナンスを行うことで塗装工事の頻度を少なくすることが可能になります。